旅狼~たびろう~の雑記ブログ

自称多趣味な旅好き狼が書く雑記ブログ。

~エジプト旅行記 Vol.6(Last) in Cairo~ イスラムの国!!

f:id:k3eng:20180618164704j:plain
こんにちは!!

長きに渡ったエジプト旅行記も、いよいよ今回が最終回!!

  

 

今回は

前回のアスワンから、カイロへ戻って来ました!

 

k3eng.hatenablog.com 

k3eng.hatenablog.com

 

 

初日はカイロというよりギザの観光が中心で、

 

さらにここまでは古代エジプトの遺跡を中心に見て来た、、

 

 

ということで今回は

中世イスラム世界のエジプト

を見てまわります!

 

 

さらにエジプトに来たら一度は訪れたい!(と誰もが言う!笑)

エジプト考古学博物館

 

をご紹介していきます!!

 

 

 

 

 

エジプトでの宗教といえばほとんどがイスラム

 

ですがここまでのところ、

イスラム色が強いところはほとんど見られませんでした。

(実はルクソール神殿の隣がモスクで、危うくここに入れられそうになったのですが笑笑)

 

 

そうなんです!

実際、観光という意味でイスラム世界を感じることができるのは、

 

カイロの東部

 

が中心!

というより、ほとんどここだけとなっています!笑

 

 

 

 

そんなイスラム世界としてのカイロ(イスラム地区)を巡るわけなのですが、、

 

今回はすべて徒歩でまわることに!!

 

これがとても面白かった!!!

(後々体にガタがきたのですが、、!笑笑)

 

 

それでも

体力に自信がある方

比較的日程に余裕がある方

のみにオススメしたいですね!笑

 

意外とカイロ市内であればまわれます。

 

 

少なくとも僕は、身に危険を感じることはありませんでしたし、

 

タクシーでは通らなそうな道を行ったりして

素のカイロ

を見ることができたように思います!!

 

 

例えばこれ。

f:id:k3eng:20180610170959j:plain

犬と猫が対峙する図。笑

 

f:id:k3eng:20180610171042j:plain

日曜朝のカイロの様子。

 

 

こういう観光地の日常って

なかなか見ることができないのでとても楽しかったです!!

 

 

 

 

そんなカイロ市内を東へ進んでいくと、モスク(エジプトでは"ガーマ"と呼ばれます)

が立ち並ぶ所に出てきます。

 

 

 

その中でもひときわ大きいのがシタデル!!

 

シタデルは中世オスマン帝国時代の要塞で、

中には当然ガーマもあります!

 

f:id:k3eng:20180618163358j:plain

坂を登ったところで要塞がお出迎え!

 

f:id:k3eng:20180618163715j:plain

f:id:k3eng:20180618163611j:plain

ここまでの古代遺跡とは違った雰囲気!

 

f:id:k3eng:20180618163759j:plain

敷地内には軍事博物館も。

開館時間前だったので今回は入れませんでした。。

 f:id:k3eng:20180618163815j:plain

f:id:k3eng:20180618163831j:plain

要塞の中心に位置するガーマ。

中には赤い絨毯が敷かれておりシャンデリアで照らされたおしゃれな空間。

 

f:id:k3eng:20180618164704j:plain

シタデルからの眺め。

茶色い!

アラブっぽさを感じますね!!

 

 

 

 

シタデルを後にし、ぐるっと街をめぐりました。

f:id:k3eng:20180618164819j:plain

シタデルのすぐ近くにはかつての住居らしきもの(あるいはスラム街のような地区)も。

 

f:id:k3eng:20180618164854j:plain

こちらは"死者の町"と呼ばれる地区。

幽霊が出てくる、、!

というわけではなく、墓地が多く作られている地区です。

けど心なしか閑散とした雰囲気の地区ではありました。。。

 

 

 

 

イスラム地区をぐるっと回り、続いてやって来たのは

ハーン・ハリーリ!!

 

ここは、

カイロ一、そしてエジプト一の規模・賑わいを誇るバザールなんですっ!!

f:id:k3eng:20180618164100j:plain

f:id:k3eng:20180618164115j:plain

 

写真はチキってこれのみです。笑
 

今まで散々撮ってきたのに何を言っているんだ笑

 

帰ってきてこう思いました!笑笑

 

 

実際にバザールを巡ってみた感想としては、

とにかく賑やか!!

ですね!

 

 

一本中心となる道があり、その道沿いに

エジプト香水アクセサリーなどのお店がズラーーーっと並んでいました。

 

さらにそのメインストリート(メインと呼べるほど大きくはないが)から

人がすれ違いのがやっとの道や裏道へ繋がっていたりという地区。

 

 

僕はここで、お土産のアクセサリーをいくつか購入しました!

 

 

 

 

 

ということで!

 

ここまででまだお昼すぎです!笑

 

 

いかに朝早くから歩きまわっていたかということですね笑笑

 

 

 

 

バザールから中心部の方へ戻っていき、

お次はエジプト考古学博物館へ、、!

 

と行きたかったのですが、

博物館の前でお土産屋の爺さんに捕まります笑

 

「国から許可をもらっている公式のお店だから!」

 

知らんがな!

 

"そんなものはいくらでも言える"

というのはこの一週間で学んでいます。

 

しかし、、

当時何を思ったかそのおじさんについて行き、

お店に入ることに。笑

 

 

そこであれ買えこれ買えと言われつつも華麗にかわし、

 

色々話しているうちに

「いつ帰るのか」

という話題に。

 

僕は素直に

「今日この後、博物館見終えたら」

と答えます。

 

 

すると爺さん

「じゃあ送ってあげよう!」

 

。。。。きたよ。。

 

うまいんだよなエジプト人は、、!

 

ホント、一緒にビジネスしたいです笑笑

 

 

結局交渉の末

爺さんに空港まで送ってもらうことになり、

博物館に行っている間、バックパックも置いて行くことに。

 

おいおいと思った方!

 

もちろん貴重品は全て身につけていましたよ!

 

爺さんにしても

「空港までのタクシー代をもらえるのなら余計なことはしないだろう」

と僕なりに勘定した結果です一応笑笑

(結論から言うと何事もありませんでした!)

 

 

 

 

ということで、気を取り直して博物館へ!

f:id:k3eng:20180617203406j:plain

 

チケットを買っていざ入館!

さすがにここでぼられることはなく(笑)、

セキュリティチェックを経て館内へ。

 

 

館内は二階建てでとても広々とした印象。

 

一階は各時代ごとに小部屋のようになっていて、

通路にも像やら何やらが並んでいる。

 

ところどころ

「とりあえず置いといてます」

みたいなところもあるのが、なんともエジプトらしい笑笑

 

f:id:k3eng:20180618164923j:plain

この類の像はかなりたくさんありました。

相変わらずのファラオの威光笑

f:id:k3eng:20180618164231j:plain

f:id:k3eng:20180617203939j:plain

ファラオと王妃が並び座った像。

2枚目はアメンホテプ三世夫婦。

 

f:id:k3eng:20180618165011j:plain

ホルス神に守られた少年ラムセス二世。

生まれた時から神様の加護を授かっているあたりがファラオですね〜

 

 

二階はミイラ関係や黄金関係の遺物が並んでいます。

 

とにかく金ピカ!!

 

中でも人気なのはやはり

ツタンカーメンの黄金のマスク

でしょう!!

 

別にチケットを買えるミイラ室とともに、

この博物館では写真撮影NGな部屋であったので写真はありませんが、

かなりの黄金でした!

 

これをお墓から見つけた時の感動は相当なものであったと思えました!

 

 

ミイラ室もとても興味深い部屋でした。

 

歴代のファラオたちのミイラが並べられており

思ったより小さいことに驚きました。

 

当時の平均身長と過ぎ去った歳月を考えると当然ですが、

この人たちが当時は神と思われていたのかと思うと

なんだかとても不思議な気持ち

 

逆に、

今なお数千年前の人たちの姿を見ることができる

ミイラ化の技術は本当にすごいな

思わずにはいられませんでした!

 

f:id:k3eng:20180618165112j:plain

f:id:k3eng:20180618164343j:plain

黄金の棺とマスク。

表情がリアルすぎて少しホラーに思えるのは自分だけだろうか。。笑

 

f:id:k3eng:20180618165129j:plain

こんな金ピカの椅子やベッドがそこかしこに、、!

ちなみにこの椅子はツタンカーメン玉座

「座ったら痛そう、でも毛皮とか敷いてたのかな、、」

とか、そんなことばっかり考えてました笑

 

f:id:k3eng:20180618164422j:plain

この石棺にツタンカーメンのミイラが埋葬されていたそうです。

装飾を見ると、死後の世界を意識しているのがとてもよくわかります。

中には棺の中が見えるようになっている展示もあり、

その棺の内装からも、死後の世界のイメージを感じることができました。

 

f:id:k3eng:20180618165208j:plain

アフリカ系の方々が集団訪問している様子。

 

 

 

博物館を廻って見ての感想としては

とにかくものが多い!

でした。笑

 

そして、予習をしていくべきだったとも思いました。

 

歴史的に非常に貴重なものが多い、のだろうな〜

と思うことしかできず、

装飾品や副葬品などはちらっと見るだけにとどめてしまいました。

 

 

訪問の際は、予習していくことをお勧めします!

 

 

 

 

 

 

こうしてエジプト滞在の全行程が終了。

 

 

長く、あっという間の旅でした。

 

 

改めて爺さんのお土産屋でゆっくりして、空港へ。

f:id:k3eng:20180618165301j:plain

 

 

エジプト本当にロマン溢れる国でした!!

 

ビザのピラミッド、ルクソールの神殿、葬祭殿の数々

 

今回ぼくが行ったところだけでも

こんなにもワクワクできたのですから、

 

他のところにも行ければどれほど楽しいことか、、!!

 

 

カイロの街の喧騒声をかけてくる人たちなんかも、

慣れない頃は煩わしいかもしれませんが、、

 

いま思うととても懐かしく

ある種の愛しさみたいなものも感じるほど。。!!

 

 

ナイルをめぐる感動もありましたね!!!

 

各街で、各時間で異なる顔を見せてくれるナイル。

本当に美しく、心が安らぎました!

 

エジプトはナイルの賜物

 

とても素敵な言葉です。

本当に、偉人たちの言葉は本質を突いています。

 

 

 

 

 

純粋なひとり旅はこのエジプトが初でしたが、

 

ものすごく大きな経験になりました!!

 

 

そして

 

エジプトが大好きになりました!!!!

 

 

 

エジプトにはなんども行きたいです!!

 

 

 

 

ということで、

 

 

ここまで長きにわたり書いてきたエジプト旅行記

(本当に長すぎた。笑)

 

これにておしまいです!!!

 

 

 

ぜひ皆さん。

 

一度はエジプトへ足を運んでみてください!

 

 

 

きっと素敵な経験ができることと思います。

 

 

 

 

 

 

そして、ここまで旅行記にお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

 

今後とも、"おおかみぶろぐ"をよろしくお願いいたします!

 

 

 

〜 fin 〜