旅狼~たびろう~の雑記ブログ

自称多趣味な旅好き狼が書く雑記ブログ。

ワールドカップ / ベスト4決定!!

f:id:k3eng:20180708174451j:plain

 ということで、、笑笑笑

 

まさかまさかのブラジル敗退!!!!

 

  

 

嘘だろ!!!!

 

 

 

 

あんなに声高らかに予想しておいて、、、、、

 

 

 

、、、、、、、、、

 

 

 

 

さて。

 

気を取り直してこんにちは、こんばんは!笑

 

 

 

ロシアワールドカップ

ついにベスト4が出揃いましたね!

 

 

 

今回はベスト4が出揃ったQuarter Final準々決勝について、考察していきます!

 

 

 

 

 

 

さっそく結果から。

f:id:k3eng:20180708174909p:plain

おなじみJリーグホームページより。https://www.jleague.jp/special/russia/2018/standings/

 

 

そして僕の予想。

f:id:k3eng:20180706191815p:plain

k3eng.hatenablog.com

 

 

 

正解率3/4、75%!

 

悪くはない、、

 

けども!

 

大本命ブラジルが負けてしまったのは辛い。。

 

 

ですがそれだけ

ベルギーのサッカーが素晴らしかったです!!

 

 

 

 

 

細かくみていきましょう。

 

 

ウルグアイ 0 VS 2 フランス

 

この試合でも

フランスの神童エムバペが効いていましたね〜

(あ、FIFAの公式で"エムバペ"と発音していたのでこれからはこっちにします。笑)

 

速いしうまいしで、堅守のウルグアイディフェンスを翻弄していました。

 

 

そしてグリーズマンの左足ですね!!

 

1点目のフリーキックの精度、

2点目の無回転シュート。

 

ともに非常に質の高いボールでした。

 

1点目のフリーキックについては

意図的にタイミングをずらしたもので、

 

まさに狙い通り

 

というものでしたね!!

 

 

このレベルでも練習の賜物であろうものが見られると

なんだか自分もやらないと、と思わせてくれます笑笑

 

 

守備についても

 

中盤でカンテがチャンスの芽を潰し

 

最終ラインでは

スアレスにボールを触らせない守備

が完璧でした。

 

スアレスはまったく仕事をさせてもらえず、

 

結局ウルグアイとしては

カバーニの穴を埋めることができませんでしたね。

 

 

フランスとしては完璧に近い試合運びだったように思います。

 

強い。

 

この一言の重みたるや、ですね!

 

 

 

 

ブラジル 1 VS 2 ベルギー

 

さて、

僕の優勝予想のブラジルがここで姿を消したわけですが。。

 

ベルギーが強かった!!

 

エデン・アザール

そして

ケヴィン・デ・ブルイネ

ですね!!!

 

 

特にアザール

守備陣がブラジルの攻撃を防いだ後の

セカンドボールをことごとく回収し、

 

カウンターの起点になっていましたね。

 

 

アザールが納め、

後ろのデ・ブルイネと前のルカクとでボールを運んでゴール前へ、

 

あるいは、

センターサークル付近でファウルをもらう。

 

アザール半端ないって。まじで。笑笑

 

 

そして

守備陣の奮闘も称えないとですね!!

 

ネイマール擁するブラジルの攻撃陣相手に、

 

しっかり一人付きながら

最終ラインのブロックも非常に集中していました

 

 

日本戦ではコンディションがイマイチだった

ディフェンスリーダーのコンパニーを中心に、

堅いブロックを構築していました。

 

ブラジルは

"あと一本"が通せませんでしたね。

 

 

そしてブロックのわずかな隙間を通したとしても立ちふさがったのが

ティポー・クルトワ!!

 

日本戦では2失点を喫しましたが、

この試合は本来の安定感を発揮し、さらにはビックセーブを連発

 

 

後半は特に、

クルトワでなければ、同点あるいは逆転を許していたかもしれません。

 

 

ブラジルは決定機をすべて決め切れていれば逆転できていましたが、

 

クルトワの存在感はそれだけ大きかったと言えるでしょう。

 

 

 

日本戦の大逆転

そして

優勝候補のブラジルの撃破

 

間違いなく勢いに乗っていますし

何より結束感を強く感じます!!

 

 

フランスとの試合の予想は非常に難しいですね〜〜!!

 

 

ですがとても楽しみーー!!!

 

 

 

 

スウェーデン 0 VS 2 イングランド

 

ウルグアイを撃破したフランス同様、

 

準々決勝においても強さを見せつけたイングランド

 

 

 今大会の強みであるセットプレーから1点目を奪い、

 

2点目は

スウェーデンディフェンスが最終ラインを上げるタイミングで

ラインの裏をつくボールからのゴール。

 

高さに自信を持つスウェーデン相手に

どちらもヘディングでの得点というのが

 

足元だけでない得点源を得ている何よりの証拠だと思います。

 

 

そして

ゴールキーパーピックフォードの活躍!!

 

正直、

大会前は彼の名前を知りませんでした。。笑

 

ですが、、

 

彼の安定感とスーパーセーブは

ブラジル戦のクルトワに引けを取りませんでしたね!!

 

 

このレベルになると

キーパーのレベル

も非常に重要であると感じます。

 

 

イングランドは今回、

平均年齢26歳という若いチームで挑み、

 

見事結果を残しています。

 

ウェイン・ルーニージョー・ハートなど

長年代表を支えた選手たちからの世代交代に成功していますね!

 

それでいて落ち着きもありますし、

しっかりと勝てる力

試合をまとめる力もある。

 

近年のプレミアリーグのレベルの高さが

代表チームのレベルにもつなっがているということでしょう。

 

 

前回大会の未勝利でのグループリーグ敗退から

しっかりと立て直してきたイングランド

 

さすがです。

 

そして、強さが光ります!!

 

 

 

 

ロシア 2 VS 2 クロアチア

              3         4          (PK)

 

今大会のBest Matchだと言っても過言ではない!!

 

そんな試合でした!!

 

試合序盤は

ロシアがパワーを持って押し込む展開でしたが

次第にクロアチアペースに。

 

しかし、、

 

開幕戦で一気にラッキーボーイと化した

チェリシェフのスーパーゴールでロシアが先制!!!

 

彼の左足は本当にすごい!!

 

クリスティアーノ・ロナウドのスペイン戦のフリーキック

負けず劣らずのゴールでしたね!!

 

 

ですがクロアチアも黙っていない!

 

ロシアのブロックの一瞬できた空間をつき、

マンジュキッチとクラマリッチの見事なカウンターで同点に!!

 

 

前半はそのまま1-1で終了し、

 

後半は

クロアチアがほとんどボールを握る展開でしたが、

 

ロシアが持ち前の鉄壁でしっかり防ぐ。

 

 

ロシアとしては

前線のジュバになかなかボールが入らなかったのと、

 

チェリシェフとともに一気に名を馳せた

アレクサンドル・ゴロヴィンが、

この試合ではボールに関わることが少なかったですね〜

 

 

そして両者二試合続けての延長戦へ。

 

 

延長前半。

 

クロアチアがコーナキックからついに逆転!!!

 

 

流れ的にはこのまま終わってしまうのかな、

と思っていましたが。。。

 

 

延長後半。

 

なんとなんと、、!!!!

 

ロシアが追いつくんですっ!!!!!

 

 

なんと胸熱の展開なのでしょう!!!

 

これは声出た。笑笑

 

 

開催国ロシアの意地を感じましたね!!!!

 

 

そして試合はPK戦へ。

 

いきなりロシア一人目が止められるものの、

クロアチアも失敗。

 

しかしロシアは

2点目を決めた3人目フェルナンデスが失敗

 

クロアチアはその後ミスなく決め続け、

 

クロアチアの勝利。

 

 

本当にいい試合でしたね。

 

うん。

 

この一言にすべてが詰まっています。

 

 

俺も頑張ろう、やろう。

 

って、思わせてもらえました。

 

 

ロシアの選手たち、

 

本当に、感動をありがとうございました!

 

 

 

 

 

ということで、改めて結果。

f:id:k3eng:20180708174909p:plain

 

 

優勝予想のブラジルが敗退してしまいましたので

改めてここで優勝予想!!笑

 

 

けど難しい。。

 

本当にここからはどこが勝ってもおかしくない。

 

 

 

予選リーグは苦しみながらの1位突破も

決勝トーナメントでは2戦続けて優勝候補から勝ちを獲ったフランス

 

 

日本戦の大逆転から結束力を一気に高め

最大の敵ブラジルに競り勝ったベルギー

 

 

死の組の予選リーグで全勝を果たし

ノリに乗る開催国ロシアに2戦連続のPK戦で勝利したクロアチア

 

 

コロンビアをPK戦で下し

スウェーデンに危なげなく勝利した若さ溢れるイングランド

 

 

 

 

各国優勝すると、、

 

ベルギークロアチアW杯初優勝

 

フランス自国開催の1998年大会以来

 

イングランド1966年の自国開催以来の優勝

 

ということになります。

 

 

フランスイングランドが優勝しても

 

自国以外での初優勝

 

ということになり、

 

どこが優勝してもなんらかの"お初"となるわけですね!!!

 

 

 

それだけどの国もレベルが上がってきたということでしょう。

 

 

 

そして、

 

この4チームに共通することは

ハードワークをこなすこと

です。

 

 

もちろん、

 

今まで敗退したチームもハードワークをこなしていましたが

この4チームは特に

ということですね!

 

 

加えていうと、

前線からの守備もこの4チームは非常に積極的です。

 

 

この

ハードワーク

というのが、昨今のサッカーのトレンドと言えるでしょう!

 

 

2002年は圧倒的な個の力で敵を粉砕したブラジル

 

2006年は"カテナチオ"と呼ばれる堅守速攻で相手を射刺したイタリア

 

2010年は華麗なパスサッカーで観る者を魅了したスペイン

 

2014年はパスサッカーに新たの武器ショートカウンターを加えたドイツ

 

がそれぞれW杯を手にしました。

 

 

そして2018年は

スター選手たちがハードワークをこなしながら攻守に躍動する

 

という年になりましたね!

 

 

 

どこが優勝するのか。

 

もうワクワクですね!!!!

 

 

 

 

予想??

 

 

もうできない!!!笑笑

 

 

 

ですが、、、、期待としては

 

クロアチア

 

ですね!!

 

 

 

グループリーグでのサッカーは本当に素晴らしかったですし、

 

2戦連続PK戦勝利という勝負強さも持ち合わせています。

 

 

ですが消耗の部分が心配ですね。。

 

 

 

 

ということで、、

 

 

予想としては

 

イングランド

 

を挙げさせていただきます!!

 

 

 

 

結局するんかいっ!!

 

 

もうブラジルが負けた時点で半分投げやりですから!!!笑笑

 

 

、、というのは冗談ですが、笑

 

 

この若さ溢れるイングランド安定感

繋いで足元、サイドからの攻撃、セットプレーと、

攻撃のバラエティに富んでいるのも強みかと思います。

 

 

 

 

ですが何よりも

 

一ファンとしてどこが優勝しても充分です!!!

 

 

 

もうこれ言ってしまったら元も子もないですがね!笑笑

 

 

 

 

 

 

ということで、

 

日本は末に敗退してしまいましたが

 

 

今大会は新たなトレンド

 

ハードワーク

 

を見られるということで、

 

 

みなさまぜひぜひ

ベスト4の戦いを楽しんでいただければと思います!!!

 

 

 

 

 

それでは、今回はこの辺で失礼します!