旅狼~たびろう~の雑記ブログ

自称多趣味な旅好き狼が書く雑記ブログ。

~エジプト旅行記 Vol.2 in Cairo~ エジプトの洗礼!!

f:id:k3eng:20181006001731j:plain
こんにちは! 

今回の舞台はギザ!!

 

 

ということで、

前回はエジプト一人旅についての導入を書きました!

 

今回も引き続きエジプトについて書いて行こうと思います!

 

k3eng.hatenablog.com

 

 

今回の舞台のギザといえば

 

みなさん何を思い浮かべるでしょうか??

 

 

もちろん

ピラミッド

ですね!!!

 

 

エジプトといえば…!

 

みたいなイメージも多いと思います!!

 

 

 

ギザは初日か最終日のどちらかに組み込もうか悩んだのですが

やはり

最初はピラミッドだろ!!

となりましたね!笑

 

 

 

空港から”例”のタクシーで(笑)カイロの街を抜け、

ピラミッドのあるギザへ。

 

 

 

 

 ギザには、

古代エジプト初期の最盛期の王たちのお墓が多くあるとされています。

 

ピラミッド自体、まだ"お墓"ということが確定しているわけではないみたいですが、

現在は"お墓"ということになっています。

 

 

古代エジプトの人々は"太陽"を非常に重要視していたそうで、

太陽が沈むナイル川の西側にピラミッドのほとんどが並んでいます。

 

太陽暦を取り入れていたり日時計を使っていたりと、

ナイル川の氾濫の時期を予想するという意味でも、

古代エジプト人にとって、太陽はやはり特別なものだったのでしょう。

 

最高神が、太陽神ラーであることも頷けますね!!

 

 

 

 

 

僕のざっくり知識はこの辺にしておいて、、、

 

 

ピラミッドへ行く道程だけでも、すごく楽しかったです!!

 

 

何と言っても、

カイロのカオス具合

ですね!笑笑

 

道路は車線なんておかまいなしで車間ギリギリ

 

渋滞中隣のドライバーと話しているっていうね笑

 

さらに、信号がなくて交差点の無秩序感

 

馬車に荷台、そこに乗る少年

 

などなどなど、、、、

 

 

まさに「混沌の街

f:id:k3eng:20180321142528j:plain

 車がぎゅうぎゅう詰め笑

 

f:id:k3eng:20180321142724j:plain

ラムセス駅前。わかりにくいけど、駅前は人と車で溢れていました!

 

 

 

とまあ、こんなカイロの市街地を抜けると見えてくるピラミッド

 

 

ホントにでかいな!

 

これが率直な感想。笑

 

 

正直、

なんだ、こんなだったのね、、

 

みたいな、期待し損なオチも想定していたのですが

見事に期待の上をいってくれました!!!

 

f:id:k3eng:20180321142908j:plain

 

 

実際に近づくと、より大きさがすごい!!

 

 

これはホントにすごい、、!!!

 

f:id:k3eng:20180321142951j:plain

 『ピラミッド、下から見るか、横から見るか』てきな!!笑

 

 

多分当時の僕、にやけてましたね。笑笑

 

f:id:k3eng:20180321143047j:plain

違う角度から。これが一番"王道"の角度感があるかな。

 

 

 

ですがそんなワクワクも束の間、

エジプトの洗礼を受けることに。。

 

 

まずはチケット販売所の前で馬車引きのおじさんに

案内してやるよっ!

みたいな感じで声をかけられ、

タクシー運転手の協力のもと撃退。

 

からの、チケット販売所ではお釣りをくれないっていう、、。笑

これがエジプトの文化、チップみたいなものかな

と、ここでは特に要求することもなく終えました。

 

 

そして初日の予定を大きく狂わされた出来事が、、

 

別口から入ったタクシー運転手がガイドを連れてきた!!

 

えっ?

 

まずは

ドライバーさん、あなたついてくるんですね

という驚き。笑

 

そして素直に

なぜ連れてきた笑」。

 

 

今思うと、グルだったのかな、と思うものの、

当時は興奮と慣れない環境でチキっていたということで

"Free"という言葉を鵜呑みにしてお願いすることに。。

 

 

最初は本当に親切に、

 

写真を撮ってくれたり

王妃(?)のお墓に入れてくれたり

 

と、かなり色々してくれました

 

f:id:k3eng:20180321143532j:plain

ヒエログリフじゃん!ってなった笑

 

f:id:k3eng:20180321143652j:plain

 ガイドさん、とにかくパシャパシャ。笑

 

 

ですがその後

ピラミッドの周りを巡ろう

と言われ、

 

もともとそのつもりだったので

Ok!

と答えると、なぜか馬に乗せられるという、、、

 

"Wha,,?"

 

僕は歩くつもりだったのですが、

この先は動物に乗ってじゃないと進めない

と言われ、仕方なく乗ることに。

 

しかも

自分の分だけでなくガイドとタクシー運転手の分もなぜか払うことに、、!!!

 

Why?!

 

 

ホントにその時は意味わからなくて、

額も現地の価値からしてなかなかの値段を払わされ、

あ、カモられたな

と思った瞬間でした。笑笑

 

 

けどそこで

こうなればもうとことん楽しんでやる。

と、開き直れたのがよかったかなと。笑

 

 

事実は一つ、解釈は無数ってやつですね!!

 

 

ちなみに、「動物に乗ってじゃないと進めない」というのは本当だったみたいです!

(厳密にいうと、「徒歩での侵入は禁止」だそうだけど!笑)

 

 

 

ということで、その後馬に乗ってピラミッドの周辺を散策することに。

 

f:id:k3eng:20180321143357j:plain

 お世話になった馬たち。

 

 

ですがこの乗馬が、今思えばとても楽しかった!!!笑笑

 

 

何も教えられないまま馬に乗せられ、

手綱を握らされて一言、

 

じゃあついてこい!

 

いやいやいや、どうすればよくって??

 

 

けどこの体験、考えてみれば日本ではなかなかできないな、と。

 

牧場の乗馬体験などでも、基本は係りの方が引いてくれるくらい。

 

ある意味、”真の”乗馬体験をできたという意味では

とても楽しかった!!

 

 

砂漠の中の乗馬

というシチュエーションもとてもアツい!!

 

f:id:k3eng:20180321143750j:plain

この辺からはもうノリノリ笑笑

ドライバーさんと2ショット笑 

 

f:id:k3eng:20180321144126j:plain

もはやドライバーさんのピン笑笑

俺うつせや!!

 

 

結局ピラミッドの裏側まで行き、堪能堪能!!!

 

f:id:k3eng:20180321143903j:plain

右手奥からクフ、カフラー、メンカウラーのお墓とされる。

左の3つの小さいのは王妃のお墓らしい。

f:id:k3eng:20180321143956j:plain

さらに小高い丘まで歩いて移動。

 

f:id:k3eng:20180321144550j:plain

 とりあえず跳べって言われて、、笑

ピラミッドを飛び越えてる、みたいな感じなのかな??

 

 

 

そのままスフィンクスの前まで行ったものの、

ここでも洗礼が、、!!

 

f:id:k3eng:20180321144431j:plain

 スフィンクスも圧巻!

 

 

スフィンクスが見えるところまで行くと

Hi!

と馴れ馴れしく手を出してくるお兄さん。

 

とりあえず握手を交わし、

そこからああだこうだ話していると、ガイドをしてもらうという流れに。笑

 

 

もうお気づきでしょう。笑

 

そう、このお兄さんにもカモられました!笑笑

 

 

もちろん、

スフィンクスの解説や色々な写真はとってくれましたが、、

 

にしては高い出費だよ、、!

 

 

半分恐喝でしたもん、あれ。笑

 

 

とまあ、

それでも一人旅では取れないようないい写真を撮ってくれたので

高い撮影代だと思っています!笑

 

f:id:k3eng:20180321144707j:plain

 SNSのトプ画にはピッタリ!!

 

 

 

これでギザ観光が一段落、、

 

と思いきや、

最後になぜかお土産やさんに連れていかれるっていう。。笑

 

 

そこでパピルスの作り方を教えてもらい、

二枚、レプリカと本物(?)を購入。

 

絵は個人的に気に入ったので全然よかったのですが、

なんか仕組まれていた感が悔しいんですよね~笑笑

 

 

 

 

さて、

ここで本当にギザ観光が一段落し、カイロへ戻ることに。

 

 

 

このあとは寝台列車に乗ってルクソールへ移動する予定だったので、

タクシー運転手にラムセス駅まで行ってもらい、チケットを購入することに。

f:id:k3eng:20180321142617j:plain

再びラムセス駅前。

 

 

ですがこのチケット売り場がまたカオス

 

 

”列”なんて概念はないし、、

 

窓口はガラス張りで孔から聞こえる声はなんて言っているのかよく聞こえないし、、、

 

 

結局タクシー運転手に手伝ってもらい、

寝台列車専用のオフィスで購入することができました。。

 

 

ちなみにここでも、

 

チケット販売の人に

何か日本らしいものはないのか

と言われ、

 

扇子を見せると

チケットを売ってやるんだからそれくれ

と言われ、

 

まったく謎な状況のまま渡した、という経緯がありました。笑笑

 

まあ、

アミューズメント施設のおまけのセンスだったのでよかったのですが、、!笑

 

 

 

無事列車券を購入後は

タクシー運転手にナイル川まで連れて行ってもらい、

川沿いでゆっくりすることに。

 

 

ナイル川沿いは近代的なビルが立ち並び、

街中とはまた違った雰囲気で、とても良かったです!

 

f:id:k3eng:20180321144936j:plain

エジプト有数の大きな橋みたいです。

f:id:k3eng:20180321144911j:plain

ナイル川沿いは本当に素敵なところ!

なんとなく、ロンドンのウェストミンスター橋から見たテムズ川と似ていた。

 

f:id:k3eng:20180321151022j:plain

 右に見えるのが"ボルグ"と呼ばれている塔。

カイロ市内が一望できるみたいです!

 

f:id:k3eng:20180321145125j:plain

エジプト名物の焼きトウモロコシ「ドラ」

お兄さん、それともおじさん?笑

とにかく、近い。笑笑

f:id:k3eng:20180321145148j:plain

正直、なんの味もしなかった笑笑

醤油とかつけたら美味しいかも。。!

 

f:id:k3eng:20180321145658j:plain

川沿いに降りてゆったりとした時間を過ごす。

陽が落ちてからのナイルはまた違った顔を見せてくれました!

 

 

そして夜、再びラムセス駅へ。

 

 

ここでタクシーの運転手に1日分のタクシー代を払ったものの、

おそらく相場以上を払ったようで(笑)

電車のホームまで送ってくれました!笑

 

f:id:k3eng:20180321145852j:plain

 

 

なんだかんだで、いい人だったかな!!

 

 

 

 

寝台列車は二人部屋で、

椅子が変形する形の二段ベッド。

 

洗面台とそこにコンセントが付いているというものでした。

 

 

電車の中で飛行機の機内食のような夕食をいただき、

この日を終えました。

 

f:id:k3eng:20180321145918j:plain

 意外としっかりしたご飯でびっくり。

中でもリンゴがそのままっていうのが、なんか面白かったな!笑

 

 

 

 

こうして振り返ってみると、

 

もう半年も前なのに本当に鮮明に、その時見たものが目に浮かんできます!!!

 

 

 

 

なんだかんだで、、、、

 

最高でした!!!!笑

 

 

 

 

 

 

今後エジプトへ行く方にお伝えしたいのは

 

観光地の無料ほど怖いものはない

 

相場を知っておく

 

遠慮しない

 

ということです。

 

 

 

 

海外どこへ行くにしてもこの3つは重要ですが、

特にエジプトは、、!!

 

という感じです。

もちろん、どの都市でも、です!

 

 

 

無料と言いつつその後に、

過剰なサービスをしてきてその分の料金を請求してきたり

頼んでもないのにお土産屋に連れていかれたりします。笑

 

 

 

エジプトには

バクシーシ

というチップのような文化があります。

 

これは、イスラム教の

喜捨

という、「豊かな人は貧しい人へ無償で慈善的な行いをする」

という教えが歪んだ解釈によってできた文化と言われています。笑

 

 

観光客 = お金持ち

 

みたいな考えがあり、特に日本人は

 

押しに弱く

語力がない

それでいてお金は持っている

 

という、格好のカモです笑笑

 

 

ですので

ホイホイと付いていかず

相場とのバランスを考えながら値段交渉することをオススメします!

 

 

 

また、エジプト人

 

くれたお金に応じてサービスの質を変える”節があります。

 

 

日本人の考え方からするとなんとなく受け入れ難いですが、

 

お金をくれたから親切にしよう

 

みたいな感じです。

 

 

 これが態度に現れるので最初はイラっとしていましたが

これから書いていく後半になればなるほど楽しんで見ていました!笑笑

 

 

 

 

あとは「遠慮しない」ことですね!

 

"郷に入れば郷に従え"

 

列に並ばない文化の国で並んでいては

いつになっても自分の番は回ってきません!!

 

 

そして

嫌なら嫌、とはっきりいうこと

 

もちろん向こうも商売をしているので、

断ればああだこうだ言ってきますし、嫌な顔はされます。

 

でも、ここはエジプトなんだ!と思うこと。

 

特にお土産なんて、探せばいくらでもあります。笑

 

自分が納得のいく値段でないのなら買わなくて全然大丈夫です!笑笑

 

 

 

 

これらの点を気をつければ

問題なく楽しめると思います!!

 

 

 

 

 

ということで!

 

 

 

今回は

 

ギザカイロのナイル川観光

 

 

エジプト旅行の心得、みたいなもの

 

を書かせていただきました!!

 

 

 

 

 

 

次回は

 

古代エジプト最盛期の都ルクソール(旧名テーベ

 

についてです!!!

 

 

 

 

 

 

お楽しみに~~