おおかみぶろぐ

なんでおおかみかって?中の人がおおかみっぽいから。笑

ワールドカップ / ラウンド16前半終了!!

みなさんこんにちは!!

 

 

 

ワールドカップ、

もうベスト8の半分が出揃ってしまいましたね!!

 

早い!!!!

 

 

 

 

そして、、、

 

今回は波乱の展開が多い!!!

 

 

 

 

ということで、早速トーナメント表を確認しましょう。

f:id:k3eng:20180702195032p:plain

Jリーグ公式サイトよりhttps://www.jleague.jp/special/russia/2018/standings/

 

 

 

 

続いて結果。

 

ウルグアイ VS ポルトガル 

       2                       1

 

フランス VS アルゼンチン

      4                      3

 

ロシア VS スペイン 

    1                 1

    4                 3      (PK)

 

デンマーク VS クロアチア  

  1                       1

       2                       3       (PK)

 

 

 

 

まずは

ロシアスペインの一戦!

 

まさか!!

 

「ロシアが勝てば面白いな〜」

 

とは思っていましたが

本当に勝ってしまうとは。。

 

 

終始スペインがボールを保持する展開。

 

延長を含めた120分で、スペインは

ボール支配率78%、パス数1114本(うち1006本が成功)

という数字を残したものの、、

 

得点はフリーキックからのオウンゴールのみ。

 

ちなみにこのパス成功数はワールドカップ記録。

90分の記録としても770本でワールドカップレコードを更新。

 

だが試合は敗れるという。。

 

 

スペインは結局最後まで、

ロシアの壁を崩すすべを見出せなかったわけですね。

 

 

守備についてもほとんど崩されてはいませんでしたが、

 

不用意なピケのハンド、からのPK。

 

 

ピケの手をあげるのは、ある種の癖のようなものでしょう。

 

それがここで、

チームの明暗を分けるポイントになったわけですね。

 

 

スペインに慢心はなかったとは思います。

 

ただどこか、

格下相手

という認識は最後まで拭えなかったような感じですね。

 

 

 

対してロシアは5バックを敷き、

徹底的に守りに徹していました

 

ですが後半終盤までは

ベタ引き

というわけでもなく

中盤で奪おうというシーンも多くありました。

 

それを可能としていたのは紛れもなく

各選手の運動量でしょう。

 

ボールを奪われた後の戻りはもちろん、

奪ってからのカウンターへの動き出しも非常に早い!

 

左右に振られてもしっかりとスライドもしていましたし、

一人が行ったら必ずフォローをするという形が見えました。

 

 

延長に入ってからはほとんどスペインがボールを保有していましたが、

ペナルティーエリア内でほとんど仕事をさせませんでした

 

 

守って守って守って、そしてPK戦での勝利。

 

 

勝負強さも備えている開催国ロシア

 

 

この大会をかなり面白くしてくれています!!!

 

 

 

 

そして、

 

メッシクリスティアーノ・ロナウド

 

早くも大会を去ることに、、、

 

 

両者とも仕事をなかなかさせてもらえなかったという印象ですね。。

 

 

 

 

アルゼンチンは好調のフランス相手に

 

一時は逆転をしたものの

 

あっさりと追いつかれ、

 

そして逆転を許してしまう展開。

 

 

今大会のアルゼンチンの状態を物語る試合でしたね。

 

 

中盤でなかなかボールを奪えなかったのと、

 

最終ラインが

フランスのムバッペ

(テレビはエムバペで通っていますが。。笑)

を止められませんでした。

 

 

キリアン・ムバッペ

なんと19歳!!!

 

この若さでフランスの10番を背負っていますからね〜

 

正直ここまでの活躍をするとは思っていませんでした。。笑

 

 

とにかく速い、そしてうまい!

 

フランスの韋駄天!フランスのアキレウス!!笑

 

まさに

"個の力"

で、アルゼンチンを粉砕したと言っても過言ではないですね!

 

 

 

フランスの懸念としては、

最終ラインのクオリティでしょうか。

 

アルゼンチン相手といえど、あっさり三失点は少しお粗末。

 

 

 

次戦はここまで全試合勝利をしているウルグアイ

 

伝統的な堅守速攻中盤のクオリティを得た南米の古豪は

今大会屈指のチームバランスを誇ると言われています。

 

 

特に前線の二枚、

ルイス・スアレスエディソン・カバーニ

 

二人で試合を決めれると言われるほどのこの二人をどう抑えるか、

フランス守備陣の真価が試されます!

 

 

そしてムバッペのスピードですね!

 

 

この試合は

両チームのカウンターも非常に大きな見所

となりそうですね!!

 

 

 

 

最後はクロアチア

 

前回、前々回の記事でべた褒めしたクロアチアでしたが、、

 

この試合はまるで別チーム!!!

 

悪い意味です。

 

とにかく、重い。。

 

グループリーグでの躍動感がまったく感じられない。。

 

 

もちろん、

デンマークの堅守とカウンターがはまっていた

というのはあるかもしれませんが、

 

本来持つクオリティーの差なら

PK戦までもつれる試合にはならなかったはずだと思います。

 

 

まあこの意見は少なからず

僕のクロアチアへの期待が含まれているのは否めませんが。。笑

 

 

 

クロアチアの次戦は

同じくPK戦を勝ち上がったロシア

 

 

ですが、

 

攻めあぐねて辛くもPK戦をものにしたクロアチア

 

に対し

 

スペイン相手に守りきって手にしたPK戦勝利のロシア

 

 

この勢いの違いは大きいでしょう!

 

 

 

いやいや〜〜

 

ここでロシアとクロアチア

どちらかが消えてしまうのは

もったいない!!!!

 

 

 

 

 

 

、、、ということで、

 

今日この後と明日でベスト8進出チームがすべて出揃います。

 

 

 

日本の相手はベルギー🇧🇪

ということで、

 

 

下馬評は間違いなくベルギーですし、

 

正直、

ひいき目なしの僕の予想はベルギーですが、、、、

 

この予想を裏切ってくれることを祈りましょう!!!

 

 

 

 

ではまた、

ベスト8が出揃った頃にお目に書かれればと思います〜