おおかみぶろぐ

なんでおおかみかって?中の人がおおかみっぽいから。笑

これから”台北”へ行くあなたへ Vol.2!! おすすめ観光地!!

こんにちは!!

 

前回からだいぶ間が空いてしまってごめんなさい!

 

 

さてさて、前回の台北の基本情報に続いて

今回は台北のおすすめ観光地をご紹介していきます!!

 

 

春休みに台北へ!

なんて方も多いと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

ちなみに

ここに載せるのはあくまで僕が行ったことがあるところだけとしますので、

その点についてはご了承ください。。

 

行ったことがないのに色々言うのは違いますからね!

 

k3eng.hatenablog.com

 

 

 

 

 

では早速!

 

九份

f:id:k3eng:20180124201454j:plain

f:id:k3eng:20180124202431j:plain

f:id:k3eng:20180124202507j:plain

台北と言ったらここでしょう!!!

 

ジブリ映画『千と千尋の神隠し』の舞台の一つと言われており、

絶大な人気を誇っています!!

 

 

また、

夕陽の名所

としても知られています!!

f:id:k3eng:20180124202713j:plain

 

 

 

九份を最も楽しむ方法としては

 

昼過ぎに来てお茶屋さんでゆっくりしながら夕陽を見る。

そして夜の町並みを見る

 

という方法でしょう!

 

 

実際これを僕自身がしたことはないですが(笑)

二度九份に言った経験からこれは言えます。

 

 

なぜか、、!!

 

夕方の九份

激混み

だからです!!!!

 

 

夏休みの夕方なんかに行ってみてください。

 

メインの階段、通路は「おしくらまんじゅう」です。

 

もう押されまくって泣きそうになります。

 

めっちゃめっちゃ、暑いです。(経験済み笑笑)

 

そして聞こえるのは

「あつーー」

「なにこれーー」

「全然進まないじゃーーん」

 

。。。そう、ほとんど日本語。笑

 

 

どうしても夕方に行かなければ時間がない、、、!

という場合は、

 

一度メインの入り口を通り過ぎてさらに山を登り

上から正面の湖の方へ沈む夕陽を見て

横の別の入り口から入ること

 

をおすすめします!

 

 

上の方からなら

夕陽が見える + 混雑はまだマシ

です!

 

 

 

 

続いて行き方。

 

この絶大な人気を誇る九份

山の上にあるだけあって、アクセスは悪いです!

 

 

おすすめはやはりタクシー

 

台北駅前から1時間かからないくらいで

値段は片道1000~1200元(日本円で4000~5000円)。

 

1人で乗ると確かに高いですが、

3人、4人で行っている場合は、割り勘すれば払えない額ではないです。

(個人的には男気じゃんけんとかでも楽しいかと!笑笑)

 

 

 

次におすすめはバス

 

 台北駅から、あるいは台北駅から数駅離れた駅から出ています。

 

 

僕はバスで行ったことがないのでなんとも言えませんが、

 

安く済ませられる + 楽

 

という印象ですね!

 

 

バスの部分は他の方のブログなどに詳しく乗っているのでそちらを参考にしてください!笑

(別に書くのが大変とかじゃ、ないですよ!!笑)

 

 

 

 

 

夜市

「よいち」か、それとも「よるいち」か、

読み方はイマイチわかっていませんが(笑笑)

とにかく夜市です!!

 

こちらも『台湾といえば、、!』ですよね!

 

 

規模を気にしなければいくつもありますが

ここでは二箇所紹介させていただきます!

 

 

 

一つ目は士林夜市

 

f:id:k3eng:20180211174542j:plain

f:id:k3eng:20180211174623j:plain

 

MRT淡水信義線(赤いライン)の劍潭駅から歩いてすぐにある夜市。

 

台北最大規模ということもあって、賑わいはすごかった!

 

 

メインの大きな通りを歩いていくとある

特大フライドチキン

 

これが名物、らしい!!笑

 

僕も食しましたが、

大きいのに柔らかくて、とても美味しかったです!!

 

しかも安かった!!

(いくらだったかは忘れましたが(笑)、ほかと比べて安かった印象はあります!)

 

 

もちろんタピオカ、台北ではバブルジュース

と呼ばれているそうなのですが、こちらも売ってますよ!

 

ただ意外と見つけにくかったですが、、笑笑

 

 

見つけにくいというと、

この士林夜市はその地域一帯が夜市ですので

少々入り組んでいるというか

同じ規模の道が何本もあったり裏道があったりと、

結構入り組んでいる印象でした。

 

冒険心をくすぐられて僕はワクワクしましたが、、!笑笑

 

 

待ち合わせだったり、別行動の際はお気をつけて!

 

 

 

お次は餃河街觀光夜市

f:id:k3eng:20180211175638j:plain

f:id:k3eng:20180211175723j:plain

 

一文字目が違うのはご了承ください。。。

出て来なかったんです!読み方がわからなかったんです、、!笑

 

とまあ、

ラオフー

と読むみたいですのでそう読んでいきますが、

 

このラオフー夜市が台北2番目の規模を誇る夜市。

 

最初の士林夜市と違って、

メインストリートがズバッと通っているのが特徴でしょうか!笑

 

 

基本真ん中のメインストリートに沿って

そして道の真ん中に(笑)お店が並んでいるので

回りやすさはこちらに軍配かなと!

 

 

あとは

ラオフーの方がご飯もののお店が多い

 

これは両方に行った経験からとても強く感じました。

 

 

士林

ご飯ものよりもお土産屋だったり洋服屋が多い印象でした。

 

 

対するラオフー

ご飯もののお店とゲーセンが多い印象!笑

 

このゲーセンは何というか、

クレーンゲームだけがあるお店が多かったですね!

 

 

ラオフーの出店のオススメは、

入り口にある胡椒餅!!!

 

生地が硬めの肉まんのようなものです。

これがめちゃくちゃ美味しかった!!

 

入ったところからこんな美味しいものに歓迎されるとは、、!!

という感じになります!笑

 

ぜひお試しあれ!

 

 

あとは

台湾かき氷

そして

臭豆腐

ですね!!

 

かき氷はふわふわで、

そこにマンゴーやらイチゴといった果物とシロップがかかっていて 

とても美味しかったです!

 

ただ量が結構あったので

二人で一つ

みたいな感じでつつくといいかもしれません!

 

臭豆腐は、、ぜひ食べてください!!笑笑笑

 

日本の納豆のようなもの

だと思えばいいみたいですね!

 

僕は最初の数口は癖になっていけましたが

だんだん飽きてきてしまった口です。笑

 

基本的にみんな

「嫌い」

ですが、

せっかく台北に行ったのなら挑戦しないと勿体無いですよ!!

 

 

 

ということで、夜市に関しては

 

とにかく大きいところで ”the 夜市” を体感したい

というのであれば士林夜市へ!

 

夜市といえば ”食" でしょ!

という食いしん坊な方は餃河街觀光夜市へ!

 

 

 

 

 

中正紀念堂

f:id:k3eng:20180211182447j:plain

f:id:k3eng:20180211182736j:plain

f:id:k3eng:20180211182636j:plain

f:id:k3eng:20180211182801j:plain

 

巨大な門広々とした中庭、そして紀念堂

 

記念堂の中には蒋介石の座像があります。

 

こちらは台北の歴史的な観光地としてオススメですね!

 

 

台北市内でしたら、

次に紹介する台北101と並んでのシンボルでしょう!

 

東京でいう、

スカイツリーと浅草の雷門

みたいな感じでしょうか。笑

 

 

帰ってきて思ったのは

紀念堂を遠近法を使って写真の中で掴んだりみたりしたら面白かったかな

ということ。

 

セルカ棒で自分を中心にしてiPhoneのタイムラプス

っていうのも面白いと思います!

 

 

今の時代、

スマホのカメラでも色々な撮影ができますからね!

 

 

九份でもタイムラプスは面白いかもしれないですね!!

 

 

 

 

 

台北101

f:id:k3eng:20180211183839j:plain 

f:id:k3eng:20180222181647j:plain

 

台北のシンボルタワー、台北101

 

この建物自体が商業施設となっていて、

周辺も含め、ショッピングも楽しむことができます

 

 

ただ一番は、展望台からの眺めでしょう!

 

昼と夜とでも眺めは全然違いますので、

二度手間にはなってしまいますがぜひ両方で見てみてください!!

 

 

 

 

 

 

 

さて、僕が行ったことがあるところではこれらがおすすめポイントです!

 

 

他にも十份西門など、目白押しの台北!!

 

春休みを使って、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか〜!