おおかみぶろぐ

気になった話題、近況なんかをシェアしていきます!

W杯予選リーグ予想!!

こんにちは!

早速毎日書くという誓いを破っていますが(笑)、書いていこうと思います^ ^

 

 

おととい12月1日に、来年開催されるロシアW杯の予選リーグの組み合わせ抽選会が行われました!

 

 日本の躍進の可否がかかっていると言っても過言ではないこのDraw!

 

 

 

 

 

 

ということで、今回のテーマは…

 

ワールドカップ

 

です!!!

 

 

 

この言葉を知らないという方はいないという前提で進みますね!笑

 

 

 

なぜこのテーマなのか、、

僕はサッカーが好きだからです!!

 

ただそれだけ笑笑

 

 

ですが、

少しでもワールドカップ、

そしてサッカーに興味を持ってくれる人が増えてくれれば

と思って書きます!

 

みんなで盛り上がれれば、楽しいですから!!

 

 

 

 

。。ということで、

まずワールドカップとは!

 

四年に一度行われるサッカーの祭典である!!!!

 

 

この一言に尽きますね!!

 

オリンピックと合わせると2年ごとにワールドカップとオリンピックが開催されることになります。

ワールドカップが4で割り切れない偶数年。

 

 

第一回は1930年のウルグアイ大会。

初代王者もウルグアイ

ウルグアイが古豪と呼ばれる所以の一つですね!

 

その他詳しい歴史や細かな大会方式についてはググっていただければと思います!笑

今回はワールドカップについてまとめる回ではないので、、。

 

 

 

 

そんなこんなで続いてきたW杯、

来年2018年のロシアW杯が21回目の大会となります!

 

ちなみに、

次回2022年のW杯はカタールでの開催が決まっています。

 

日本でまたやってほしいです、切実に!!!

 

 

 

 

 

。。。さてさて、では具体的に今回のロシアW杯に焦点を当てていきましょう!!

 

 

まずは組み合わせ。

f:id:k3eng:20171203164654j:plain

f:id:k3eng:20171203164709j:plain

f:id:k3eng:20171203165103j:plain

日本代表、W杯GSでポーランド、セネガル、コロンビアと激突! 初戦は前大会でも同組のチーム! | サッカーキング

 

かっこよさを求めて僕が撮った英語版も載せました。笑

 

どうでもいいですね。。笑

 

 

 

 

そして本大会のことを語る前に、今回は各大陸予選から波乱が起こりました!!

 

そうなんです、かの有名な国々が出場していないんです!!

 

 

 

まずはチリ

 

イングランドアーセナルのエースアレクシス・サンチェスや、世界屈指のボランチアルトゥーロ・ビダルなどのスター選手を擁しながらもまさかの南米予選で敗退。

 

前回のブラジルW杯ではベスト16でブラジルとPK戦にまでもつれる接戦を繰り広げた国が、、。

 

 

個人的には、ウイニングイレブンで結構使っていることから愛着を無駄に持っています。笑笑

 

 

 

次にオランダ

 

世界の五本指に入るであろう、エースのアリエン・ロッベンはあまりにも有名ですよね!

 

イギリスに留学時、幸運にもロッベンのドリブルを生で観ましたが、やばいです、ホントに!!

 

中に切り込むとわかっているのに止めれない、、、

まさにヨーロッパ中の左サイドを恐怖に陥れたと言っても過言ではありません。笑

 

彼のドリブルがW杯で見ることができないなんて、、残念でなりません。

 

ロッベンはこのヨーロッパ予選敗退を受け、代表引退も表明しています。

 

 

オランダ自身は、

2010年の南アフリカW杯では予選が日本と同組で、そこから見事準優勝

 

前回のブラジル大会でも3位と結果を残していた国です。

 

 

 

そしてイタリア!!

 

アッズーリという呼称があり、かつては「カテナチオ」と呼ばれた鉄壁の守備とそこからのカウンターを武器としました。

 

2006年のドイツW杯では優勝を果たした世界屈指の強豪のはずが、、

 

ヨーロッパ予選で姿を消すという結果に。。。

 

 

守備では世界最高のGKとも言われるジャンルイジ・ブッフォン、攻撃ではイタリアリーグ、セリエAで現在得点ランクNo.1のチーロ・インモービレなど、各ポジションに数々のスター選手を擁しながら、スウェーデンとのヨーロッパプレーオフで敗退となりました。

 

 

ロッベン同様、ブッフォンデ・ロッシなど、長くアッズーリを支えた選手たちも、代表引退を表明しています。

 

 

 

他にも、何をさせても結果を出す大国アメリカ、昨年のヨーロッパ選手権ユーロ2016で3位と大躍進を果たしたギャレス・ベイル擁するウェールズなども、各大陸の予選で姿を消しました。

 

 

 

 

大陸予選からの番狂わせの最大の要因は、「各国の成長」だと思います。

 

毎年決まった出場国が定まりにくいアフリカや、予選最終節までもつれたアジアを含め、

今まで「W杯になんて出場できない」

と言われていた国々が力をつけてきています

 

 

特にヨーロッパと南米は、予選の段階で強豪国がひしめく状態です。

 

ヨーロッパなんて、

1グループ7カ国くらいいてW杯が確約なのはグループ1位だけ

ですから。

 

 

そう考えると、アジアの日本は恵まれていると思います。

 

 

人によっては、

ヨーロッパ選手権ユーロや、南米選手権コパ・アメリカの方が大会のレベルは高いというくらいです。

 

僕もこの意見には賛成ですが、、笑

 

 

 

イタリアオランダに関しては、

世代交代がうまく言っていない

というところも大きいでしょう。

 

 

サッカーではベテランの年齢とされる30代の選手が、両国とも多いのが特徴でした。

 

 

今までの

「ベテランの経験値」「他国の成長率」

が、

「ベテランの経験値」「他国の成長率」

となったというところでしょうか。

 

 

とにかくこの2カ国に関しては、また強い姿を見せてくれることを願うばかりです!!

 

 

 

 

 

ではでは、やっと本大会について話しますね!

前置きが長かったですね、とても。笑

 

 

ここからは僕の100%主観での分析を書いていこうと思います!

 

ちなみにFIFAランキングはあまり参考にしていません!

 

 

 

とりあえず、改めて組み合わせを載せますね。笑

f:id:k3eng:20171203165103j:plain

 

総評としては、比較的綺麗に割れたんじゃないかなとは思います。比較的、ですが。。。

 

 

 

グループ別で観ていきましょう!

 

 

 

グループA

ここはまさに「天国組

「死の組」との対で呼ぶのであれば「生の組」でしょうか笑笑

 

おそらくサッカーを知っている人も、なんなら知らない人でさえ、

この組に日本が入れば…!!

と思わずにはいられないのでしょうか!

 

 

まずは開幕戦が、

ロシアVSサウジアラビア

というFIFAランキング最下位2チームによるものとなり、、

なんともコメントしづらいですね。笑

 

 

ウルグアイ一強、2位がどこになるか

というところでしょうか。

 

 

リヴァプールのモハメド・サラーや、アーセナルのモハメド・エルネニーなど、

ヨーロッパの強豪でプレーする選手が多いエジプト頭一つ抜け出している印象

 

ですが

初戦がウルグアイ

という点が難しい。

 

ここで負けてしまい、後ろの試合もズルズルズル、、、、なんてことは大いに想像できます。

 

 

そうなると、

ロシアサウジ開幕戦の勝者勢いに乗って2位!

という状況も考えられます。

 

 

多くの番組で取り上げられているように、こういった短期決戦は初戦や勢いというものが非常に大切ですからね!

 

 

加えて

ロシア開催国というホームの後押し

があります。

 

前回のブラジルと違って「自国開催での優勝」という重圧もなく、リラックスして臨めるのではないかと思います。

 

 

ということで、

1位:ウルグアイ

2位:ロシア

という予想!

 

 

 

 

これ、結構時間かかりますね。。笑

 

まあ続けますが!

 

 

 

 

グループB

ここは中継を観ながら思わず「おお〜〜」といってしまった組ですね!

 

なぜか、、、

初戦スペインポルトガル対決するからです!!

 

 

今回、俗にいう「死の組」ができるかどうかは、ポット2に入った(抽選の「ポット」については割愛します)の

スペインイングランドどこに入るか

で決まると言われていたくらいですから!

 

ちなみに、

チリウェールズイタリアオランダというランキング上位で不参加の国々が入っていたら、

チリウェールズイタリアポット2に入り、

メキシコウルグアイクロアチアオランダといったランキングの数値以上に”強い”国々がポット3に入る

という事態になっていました。笑

 

「死の組」がゴロゴロできていた可能性もあったのです!

 

そういう意味では、日本をはじめ、格上との試合がほとんどとなる国々にとっては躍進に向けてラッキーな大会であるのは間違いないですね!

 

 

とまあ、少し脱線しましたが、このグループBに関しては

スペインポルトガル勝ち上がり

が妥当でしょう。

 

どちらも初戦で敗戦したとしても、そこから立て直すだけの力と、モロッコ、イランとの実力に差があることは間違いありませんからね!

 

ここでも少し付け足すと、

スペインは前々回の南アフリカW杯で初戦に敗れるものの優勝

ポルトガルはユーロ2016で予選の三戦を全て引き分け、90分間で決着がついたのは準決勝のウェールズ戦のみ、という結果で優勝

と、どちらも「勝ち切る」という”強さ”"運"を持っています。

 

 

順位予想は、

総合力で勝るスペイン1位

クリスティアーノ・ロナウド擁するポルトガル2位

という形にします!

 

 

 

 

グループC

このグループは、メディアの「FIFAランキングに基づく『死の組』予想」などでは「『死の組』判定」を喰らっていますが、

個人的には戦いやすい組ではないかなと思います。

 

正直日本がここにきても、2位通過を狙えるとは思います。

 

 

まあ何はともあれ、フランス一強はいうまでもなく、2位にどこが入るかというところでしょう。

 

 

ペルーに関しては僕もあまり知らないのですが(笑)、それは特出するスター選手が不在ということも意味します。

 

加えて、

エースのパオロ・ゲレーロ

という選手は、ニュージーランドとの大陸間プレーオフの前にドーピング検査に引っかかり、本大会出場は黄色信号。

 

 

デンマーク南アフリカで日本が勝利を収めた国ですが、

その時のレベル以上のチームと見て間違いないでしょう。

 

レスターで岡崎と同僚である守護神カスパー・シュマイケルをはじめ、

各ポジションにヨーロッパで活躍する選手が揃っています。

 

中でも

イングランドトッテナム活躍を続けるエリクセン

を中心として、攻撃だけでなく守備も展開されると考えられます。

 

 

オーストラリアは日本が散々苦しめられてきたライバル。

 

四度目のW杯となるケーヒルを擁し、勝負強さには定評がありますが、

やはり物足りなさは否めないです。

 

「ホームでの強さ」という強みを活かせないのも、加点ポイントが少ない要因です。

 

 

ということで、グループCはフランス1位デンマーク2位の勝ち抜けと予想!

 

 

 

 

グループD

 

 

、、、、やっぱり、めちゃくちゃ時間がかかる…。

 

 

 

 

1時間くらいでぱぱっと書けると思っていましたが、想像以上に予想作業に熱が入ってしまいました!

 

 

 

 

 

ということで、今日はグループCの予想までにします!!



 

 

 

 

 

中途半端でごめんなさい!

 

次回もお楽しみに!!ということで!!!笑